プリズムの介護用リフトは介護の腰痛予防に役立つ持ち上げない介護、ノーリフト介護に貢献している福祉機械です。

日装工学株式会社

介護リフト~リフト本体(懸吊装置)

介護用のリフトは天井走行リフトとも言われ昇降と移動を伴った動きをする介護用のリフトです。移動すると言う事ですから移動用のレールが必要になります。移動の例としては車椅子とベッド間の移乗、またトイレなどで車椅子と便器への移乗などの移動範囲が限られた場所での使用から、 ベッド・居間・トイレ・浴室などの部屋間移動をする場合などがあります。 従って介助者の人的労力を大幅に軽減することが出来、場合によっては本人が操作することも可能です。但し部屋間移動の場合、走行レールを天井に設置するため、既存建物での施工の場合レール取付のための補強工事や垂れ壁の改修、室内建具の改修など大掛かりな工事が必要となります。

福祉機械の天井走行リフト 持ち上げない介護の天井走行リフト

レール

介護リフトを走らすものが走行レールで、基本的にはアルミレールとなります。レールの設置は天井に補強財を設置してそれにレールを吊り下げる方式や、浴室などの場合にXY方向に動くようにする方式や、 据置式のレール装置や、レールポストをいろいろ組み合わせることが出来るシステムがあります。  

天井走行リフトのレールの下地 天井走行レールのターンテーブル部

吊り具

介護用のリフトにおいてもっとも注意しなければならないのが吊り具の選定です。ツーピス、ハーフサポートシート、フルサポートシートその他多くの吊り具がありますが、 各々使用目的の違いなどもありますので、テスト品などで十分確認する必要があります。下の写真は一例です。

介護リフトの吊り具1 介護リフトの吊り具2  介護リフトの吊り具3